台湾神家電 大同電鍋でミニマルライフ

台湾人が一人一台持っているという大同電鍋を広めたい

まだパンを焼いているの?これからは蒸す時代さ!

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

今回は大同電鍋deパンを蒸しました!

 

去年流行ったミニマリスト憧れの家電といえば、

バルミューダのスタイリッシュなトースターでしょう!

適度に水分を入れながら焼くので、ふっくら焼けると評判でしたねー

お値段2万3千円と、絶妙に、買えるけど迷う値段!

誰かからもらえれば超嬉しいけど、買っても頻繁に使うかな?という不安もあり、

買うに買えないよねー節約系ミニマリストの私には手が出ない。

 

そこで取り出したるは、東芝と台湾が作りし聖なる家電

大同電鍋!

蒸し料理を得意とするこの家電を使って、

食パンをフワッフワッの蒸しパンにしてくれるわ!

 

こんなふうに入れて、パンの下の穴が空いている内台の中に水を入れてあります。

その水で蒸すわけです。パンの代わりに野菜を置けば蒸し野菜、

餃子を置けば蒸し餃子です。

f:id:rupannzasann:20171220060136j:image

セットして、スイッチオン!

f:id:rupannzasann:20171220060151j:image

10分待つとー

f:id:rupannzasann:20171220063038j:image

こんな感じで、手で軽く押しただけでくにゃっとなるくらい

フワッフワッの蒸しパンになります。

気をつけないといけないのが、聖なる3分間。

できてからこの3分で食べ終わってください。

 

蒸しパンと言えども蒸し料理。冷めてしまっては美味しくありません。

小籠包を10分かけて食べる奴はいないでしょう?

蒸しあがったら熱いうちに一気に食べましょう!

 

さあ、こんな便利な大同電鍋お値段1万円前後!

アマゾンで取り扱っていないのが難点。

ぜひ台湾旅行に行く人がいれば、お土産にお願いしましょう。

1万円は事前に渡しておいてね。

 

では、ありがとうございました😊

 


にほんブログ村

 

 では、ありがとうございました。